渦巻ストレーナ・サイクロン

渦巻サイクロン

シンプルな構造で高性能な遠心分離器

渦巻サイクロンは、工業用水や洗浄液などから、鉄錆や砂などの固形ゴミを効率的に除去する遠心分離器です。シンプルな構造ながら高い分離性能を持ち、従来のフィルターや沈殿方式と比べて多くの利点があります。

  • 構造と動作原理

    本体は逆円錐形の分離管(エレメント)を内蔵し、流体が入ると渦が発生します。この渦流によって発生する遠心力により、重い固形ゴミは外側に押し出され、分離管壁に沿って旋回しながら下降します。

    分離管下部の接線方向には排出孔が設けられており、ここで固形ゴミが直接排出されます。さらに、エレメント中央部には円盤が設置されており、分離されたゴミの再上昇を阻止します。この2つの機構が相乗効果を生み、高い分離効率を実現します。

  • 従来の方式との比較

    フィルター: 目詰まりしやすく、定期的な洗浄や交換が必要。処理能力も低く、微細なゴミを取り除くことが難しい。

    沈殿方式: 処理能力が低く、設置スペースも大きい。微細なゴミは十分に沈殿せず、除去できない場合が多い。

  • 渦巻サイクロンの利点

    シンプルな構造: 部品点数が少なく、メンテナンスが容易。
    高い分離性能: 微細なゴミを含む幅広い固形ゴミを除去可能。
    処理能力: 高い処理能力を持ち、大量の流体処理にも対応。
    ランニングコスト: フィルターや沈殿槽と比べてランニングコストが低い。
    省スペース: コンパクトな設計で、設置スペースを節約できる。

仕様

恐れ入りますが、下記お問い合わせまでお願いします。

製品資料

TOP
問い合わせ ダウンロード