除水装置

TMR

除水装置

TMR

油中水分除去装置 TMRシリーズ

リン酸エステル油などの難燃性作動油は加水分解を起こしやすく、 PPMオーダーでの水分管理が重要です。 そんなシビアな水分管理には油中水分除去装置TMRが最適です。 油の水分除去といえば、水分吸着フィルターやシリカゲル付エアブリーザー などが一般的ですが、TMRは油タンクにそっと吹き込むだけで、 低水分値を維持し続けます。 ドライ窒素タイプのTMR-N2とドライエアータイプのTMR-Air。 どちらも必要なのは所内用コンプレッサーエアーのみ、電源不要です。

  • ドライエアータイプのTMR-Air

    TMR-Airは、あらゆる水分を潤滑油・作動油から質量移動という非機械的な方法で除去する、
    コストパフォーマンスに優れた水分除去システムです。TMR-Airを用いることで、化学平衡の原理を活用し、エネルギー効率が優れた方法であらゆる状態の水分(自由水、乳化水、溶存水)をより穏やかに除去することが出来ます。

  • ドライ窒素タイプのTMR-N2

    少量の圧縮エアーをTMR-N2に通すだけで、非常に乾燥した(環境温度24℃で露点-67.8℃、相対湿度0.01%未満、濃度98%以上)の窒素ガスを生成します。その窒素ガスをリザーバー上部空間の油面より上に注入します。清潔で乾燥した窒素ガスはリザーバーを通り抜けながら、化学平衡によって油中水分を油面上の乾燥窒素ガスへと移動させ、まるで乾燥剤に吸収されるように水分が除去されていきます。

仕様

恐れ入りますが、下記お問い合わせまでお願いします。

製品資料

TOP
問い合わせ ダウンロード